読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

albumlux

透明な虹色の光

マザーロード / Saucy Dog

 

 「冷静でありながら想像力を押し拡げる」

Saucy Dog の歌詞について。

個人的に好きで一番よく聴いている〈マザーロード〉という曲を選んでみました。

 

ーーーーーーー
"左の通りを抜けて 古びた商店街へ
シナリオ通りの雨に
向こうの空は笑っているよう"
ーーーーーーー
ごく普通の暮らしのワンシーン。
誰もが思い浮かべることができる日常生活の片隅に顔を描く詩。
例えばその辺のよく見る小さな花なんかに、ちょこっと表情がつけられる。それはCGや小難しい技術を使うのではなく、ペンケースに入っていた油性ペンで落書きしたような愛嬌のある顔だ。

 

ーーーーーーー
"ルート66号線の終わり サンタモニカ夜明け前午前5時"
ーーーーーーー
ルート66号はかつて、その先にある希望を求めた人々が通った道。
その終わりにいる夜明け前の午前5時。これから朝になり日が昇る頃には目指した場所に着くのだろう。
しかし

 

ーーーーーーー
"口を開けば声が揺れて まぶたを閉じれば今に じんわり熱くなる目の奥に 浮かぶのは何故か 笑顔ばかりなんだよズルいなあ"

ーーーーーーー
とくる。
この部分のすっと入ってくる心象描写は、本当の気持ちがあって それは分かっているんだけど、の「だけど」の部分を自分の感覚として痛いほどに感じさせる。

 

ーーーーーーー
"みじかい雨が止んだ頃 静かに落ちて消えた 思い出がまたシナリオに書き足されていくのだろう"
ーーーーーーー
雨が止んで思い出は消える。
この思い出も決まりきったシナリオとして刻まれるが、いつも同じことの繰り返し。
冒頭の "シナリオ通りの雨に 向こうの空は笑っているよう" という言葉からも、どこか冷静な客観性を感じる。

 

ーーーーーーー
"干渉もしないで構わない日々に後戻り 振り出しに"
ーーーーーーー
ふりだし。雨が降り出しシナリオの振り出しに戻る、というこの曲全体を表す言葉に思えた。1度聴いてまた聴くと商店街の雨が違う景色に見えてくる。

 

ーーーーーーー
"最終回見逃した ドラマのエンディングは 分からないままだとさ モヤモヤするだろうほら"
ーーーーーーー
結局 この後どうなるのか知ることが出来ずに、

 

"埋まらない明日にはもう二度と笑う君は"

 

 

ーーー

この曲は メンバーチェンジ後初の音源である 1st E.P.「あしあと」の3曲目。
バンドホームページとYouTubeでは 同じく「あしあと」の1曲目に収録されている〈いつか〉のMVを見ることができます。
歌詞もついています!

私が初めて観た感想は、
「わ...!映像めっちゃきれい。声と歌詞にぴったり。」「やっぱサウシー良い。はーもう、すごい好きだなぁ〜〜!」です。(伝わる伝わる。。)

 

. . . よぅ、ちぇけらー!!